俺達の理想郷(アルカディア) 4

続き

2007年
IMG_2155.jpg

IMG_2156.jpg

格ゲーではアルカナハートやギルティギアアクセントコア、KOFマキシマムインパクトA、キン肉マンマッスルグランプリ2等の年でした。

役者修行が忙しい時期でしたが合間を縫ってホームに入り浸っていました。w
ここら辺からゲーム狂いなのが周りにバレ始めたので却って気が楽になっていたかも?

アルカナハートやメルティブラッド等の今までとは方向性の違うキャラクターが目立ってきたりで
ホームには新しく通い始める高校生が多くなってきた印象でした。
格ゲーを始めるというよりはキャラのモーションを確認する・・という感じのライトな楽しみ方って感じでしたが

ホームでは空気読む人間が多かったので乱入とかはあんまり起きませんでした。
この辺りからかも知れませんが「簡単操作で大迫力の技が出る!」みたいな
ある意味敷居を下げてきたイメージ。

アルカナハートは突き詰めるとかなり難しいゲームだなあと思っていましたが
超必殺技が236+PPくらいで出せたりする等、入り口としてはかなり親切になっていました。

どこぞの1632143+Pとか入力を強要する格ゲーとはえらい違いだよ!

しかしそれが逆に格闘ゲーム全体のスキル低下に繋がっていった始まりのような・・・
やっぱりカッコイイ技、スゴイ技を出したいなら難解なコマンドや瀕死状態という
「ある程度厳しい条件をクリアしてこそ!」と思うわけでして

それを頑張る過程でそれなりにレバーの持ち方や力の入れ方、キャラの動かし方を覚えていくもんだと思うんですが
最初の1コインでそのキャラの技が簡単に全部見られてしまったらそこから先が無いような気がして・・

空気読んで乱入しないというのもかなりホームではあったと言いましたが
それも今考えれば「対等ではない」感じはしたかもしれない。
僕も鉄拳5で技が見たいだけなのに即フェンに乱入されて踏まれ続けてKO・・・何て覚えもありましたが

「ゲーセンは本来そういう場、対戦は起きるしなんでも好き勝手に遊ぶためには自力がある程度必要」
というある意味では無法なところもゲーセンには必要なのかもしれませんねw

「学生からお金絞っちゃ悪いよな・・」なんて言葉を聞きましたが

俺は高校の頃その人からカプエス2で一日1000円くらい絞り上げられてましたし

そもそも小学生の頃、誰一人としてそんな手心を加えてくれた大人は周りには
どこにもいなかったんですけど!!



2008年

IMG_2157.jpg


IMG_2158.jpg

アルカディア激動の年

鉄拳6、ストⅣ、バーチャ5R、メルブラ最終作、フェイト、戦国BASARA X
そしてロードオブヴァーミリオンや三国志大戦3・・なんか2015年までの本流になった年みたいな気がしてきましたw

ホームでは鉄拳6が大盛り上がりでよく灰皿が中を舞っていました

そしてアルカディアが特別定価という名目で
650円から690円に値上げしていました。ちなみに付録でDVDが付くと980円です。

実は2007年の半ばから特別定価にはなっていたのですが、あくまでも特別であって一時的なものだろうと思っていました。
というか当時はあんまり気にしてませんでしたw
流石にDVD付いて1000円くらいの時はんん?と思いましたが。

ページ数にも変化が。

2008年6月号辺りから総192Pだったアルカディアが176Pへ減少
お値段据え置き。


それから半年後の12月号には更に160Pへと減少
お値段据え置き


というかほぼ毎号の様にDVD、付録カード、冊子などオマケが目立つようになり
それが付く時は値段も980円なので、結構思い切ってるなーと今更見ると思います。
この辺りからアルカディア=なんか高いと思う様に。
でも読む記事も多かったので満足度はそんなに変わってなかったんですけどねw

そう・・・今年までは・・・

コメントの投稿

Secret

xboxゲーマータグ
ゲーマータグ
フレンド申請は寧ろお願いしたいレベル
プロフィール

石川佳典orチャーリー

Author:石川佳典orチャーリー
一応役者の端くれをしておりますが
ぶっちゃけただのゲーム好きです。

ネオジオやシューティングにハマってしまい
人生のバッドEDに向かって行進中です。
ニコニコの投稿動画

ツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
好きか嫌いかは良い、スカイステージをやるんだ。