[誰得]KOF13 ビリー・カーン 掛け合い集[俺得]

アホか!!(2回目)
と、いうことで何の脈絡もなく唐突に追加された新キャラ

「ビリー・カーン」の掛け合い集をまとめたので
ビリー好きの方はどうぞーw

正直ストーリーに全く関係のないキャラですので
アッシュ編に関する新しい情報などは出てこないですねえ・・・w

そういえば「仮」の話、この掛け合いがwikiとかに使われた場合
自分のしでかした誤字とかもそのまんま使われちゃったりするんですよね・・・(汗)

頑張って誤字脱字が無いようにしないと・・・!



日本チーム

VS京

京「おいアンタ、その棒っ切れだけでいいのか?
ギャングらしく拳銃とか使ってもいいんだぜ?」

ビリー「ナメんじゃねーよ!俺の三節棍は
ハジキより危険だって知らねえのか?」

ビリー「テメェのお株を奪うようで悪ィがよ
こいつで今すぐテメェを黒焦げにしてやるぜ!」

VS紅丸

紅丸「へえ、アンタ、意外に親切なんだな
俺のファンを増やすのを手伝ってくれるって?」

ビリー「テメェ、何いってやがんだ?
ワケの判らねェことほざいてんじゃねーぞ!」

紅丸「簡単な図式さ。俺がアンタを華麗に倒せば
会場のレディたちはみんな俺の虜になっちまう」

ビリー「そううまくいくワケねェだろうが!
都合のいい夢ばっか見てんじゃねェぞコラ!」

VS大門

大門「武器を使うことが卑怯とはいわん・・・
が、おぬしには格闘家の心がない」

大門「そのような体たらくでは
ワシを倒して先に進むことなど出来んぞ?」

ビリー「俺はテメェの説教を聞きに来たんじゃねェ!
テメェをブチのめしに来たんだよ!」

餓狼チーム

VSテリー

テリー「Hey!久しぶりじゃないか、ビリー!
またギースの命令で動いてるのか?」

ビリー「ケッ、テメェをぶちのめすためなら
ギース様の命令がなくても飛んでくるぜ!」

テリー「やれやれ、お前も相変わらずだな・・・
OK、それじゃ始めようか?」

VSアンディ

ビリー「チッ、ボガード兄弟の片割れか・・・
消えな!てめェはお呼びじゃねえんだよ!」

アンディ「それはこっちのセリフだよ、ビリー
俺の目標はおまえなんかじゃない」

アンディ「この手でギースを倒し、倒産の仇を討つ!
その邪魔をするなら、俺も手加減はしない!」

ビリー「そこまで吼えりゃ上等だ、ロンゲ野郎!
お望み通り、俺がブッ潰してやるぜ!」


VSジョー

ビリー「覚悟はいいか、パンツ男!もう二度と
妹にちょっかい出せねェようにしてやるぜ!」

ジョー「おいおい、理解のないお兄さんは嫌われるぜ?
妹さんの自由恋愛くらい認めてやれって」

ビリー「グダグダやかましいんだよ!
テメェなんざ今すぐワニのエサにしてやらぁ!」


エリザベートチーム

VSエリザベート

エリザベート「あのギース・ハワードの片腕ですか・・・
ギャング風情がいったい何の用です?」

ビリー「おいおい、寝ぼけてんのか、お貴族サマよ!
ここまで来てやることといったらひとつだろ?」

ビリー「・・・てめェみてえななぁ、自分の生まれを
鼻にかけたような奴ァ最高にムカつくんだよ!」

VSデュオロン

デュオロン「主に裏切られることほど悲しいことはない
貴様の主は忠を尽くすに足る相手か・・・?」

ビリー「おいおい、何いってやがんだ、テメェ?
俺は帝王の片腕、ビリー・カーンだぜ!」

ビリー「たとえあのおかたが俺を裏切ったとしても
俺は決してあのおかたを裏切らねえんだよ!」

デュオロン「・・・それはそれで見事な覚悟だ
どうやら愚問だったらしいな・・・」

VSシェン

シェン「へッ・・・どうにも妙な気分だ・・・
テメェにゃ何となく、俺と似た匂いを感じるぜ」

ビリー「俺とテメェが似てるだと?ンなモン
ケンカ好きってことくらいだろうぜ!」

ビリー「・・・もっとも、強さは段違いだがな!
そいつを今すぐ教えてやるぜ!」


キムチーム

VSキム

キム「きみはいつまでギースのもとにいるつもりだ?
妹さんのために、真人間になる気はないのか?」

ビリー「俺の生き方にケチつけんのに、いちいち
リリィのことを持ち出すんじゃねえ!」

ビリー「文句があるならかかってきやがれ!
二度と説教できねェように顎を砕いてやるぜ!」

VSホア

ホア「へッ・・・久しぶりだな、ビリーさんよォ
まだギースの使い走りをしてやがンのかァ?」

ビリー「誰に向かって口聞いてんだ、テメェ・・・?
コブラの毒が回ってついにおかしくなったか?」

ホア「るっせンだよ、この腰巾着がァ!
昔の俺様と同じだと思ってると血ィ見るぜェ!」

ビリー「いいや、てめェに見せてやるのは地獄だぜ!
久しぶりに俺様の棒を喰らってみな!」


VSライデン

ライデン「ガッハッハ! 元気そうじゃねェか、ビリー!
まさかこんな場所で会うとはなァ!」

ライデン「ところでものは相談なんだがよ・・・
次の大会、俺のチームで出場する気はねェか?」

ビリー「おい、間違えるなよ、ライデン!
てめェのじゃねえ、俺のチームだ。・・・だろ?」

ライデン「グフフフ・・・だったらそいつを証明してくれよ
以前のようにはいかねェと思うぜ・・・?」


女性格闘家チーム

VS舞

舞「・・・それにしても本当に不思議だわ
こういうことってあるのかしら・・・?」

ビリー「はァ?いきなり何いってんだ、テメェ?
人のことをジロジロと見やがって・・・」

舞「だって、あなたみたいにゆがんだ男の妹さんが
あんな素直で優しい子に育つだなんて・・・」

舞「・・・ねえ、リリィちゃんて本当にあなたの妹?
本当は血がつながってないんじゃないの?」

ビリー「やかましい!! それ以上無駄口叩いてると
血ダルマにしてサウスタウンベイに沈めるぞ!」

VSキング

キング「あんたにもあらかじめいっておくけどね
私の店はギャングは出入り禁止だよ」

キング「酒が飲みたきゃ場末の酒場にでも行くんだね
あんたにはそのほうがたぶんお似合いだよ」

ビリー「てめェに酒を奢ってもらおうとは思わねェよ
ただ、ちょいと痛い目を見てもらうだけだぜ!」


VSユリ

ビリー「いまさら棄権してェなんていっても遅ェからな
・・・覚悟キメてかかってきやがれ、小娘!」

ユリ「ふーんだ!そっちこそ、あとになって
怯えたふりしたって許してあげないんだからね!」


K´チーム

VS K´

ビリー「おい小僧、こういう時は何ていえばいいんだ?
「俺ひとりで充分だ」だっけか?」

K´「・・・ナメてんじゃねえぞ、テメェ
真っ黒焦げにされてぇのか・・・?」

ビリー「そいつは俺のセリフだぜ!
俺様の超火炎旋風棍を食らいやがれェ!」

VSクーラ

クーラ「何だかちょっと寒そうなカッコだけど
ホントにそれでいいの?カゼひくよ?」

ビリー「余計なお世話だ!テメェのほうこそ
俺の超火炎旋風棍でヤケドしても知らねェぜ!」

VSマキシマ

ビリー「よう、ポンコツ野郎! まさかてめェ
俺の三節棍が卑怯だなんていわねェよなぁ?」

マキシマ「・・・一応聞いとくが、もし俺がそういったら
その物騒なモンを引っ込めてくれるのかい?」

ビリー「バカか!?引っ込めるわけねェだろ!
自分は重火器のカタマリのくせしやがって!」


龍虎チーム

VSリョウ

リョウ「ギャングやマフィアと馴れ合うつもりはないが
武道家同士として戦うのなら大歓迎だぜ!」

ビリー「笑わせてくれるじゃねェか!この俺を
武道家っていったのはてめェが初めてだぜ!」

ビリー「それじゃあギース様が一目置く極限流ってのを
存分に見せてもらおうじゃねェか!」


VSロバート

ロバート「サウスタウンにはウチの別邸もあんねや
あんま悪させんとってほしいんやけどな?」

ビリー「文句があるならサウスタウンから出ていきな!
あの街はギース様のものなんだよ!」

ロバート「トップがトップなら部下も部下やな・・・
しゃあない、ちょちょいと思い知らせたろか!」

VSタクマ

タクマ「おぬしでは最初から相手にならぬわ!
今すぐに立ち去れ、棒術使い!」

ビリー「ナメんなよ、テメェ! なるかならねェかは
やってみなきゃ判らねェだろうが!」

タクマ「やらねば判らぬとは・・・
ギースの片腕とも思えぬ男よ・・・」



サイコソルジャーチーム

VSアテナ

アテナ「あなたには妹さんがいると聞いています・・・
でも、これは彼女の望む戦いなのですか?」

ビリー「テメェみてェのが一番鬱陶しいんだよ!
他人の家庭の事情に首を突っ込むんじゃねェ!」


VSケンスウ

ビリー「おい、どけよ、そこの小僧
どうせ死ぬならベッドの上で死にてェだろ?」

ケンスウ「ちょい待ちや、オッチャン!
ワイを子供あつかいしとったら痛い目見るで!」

ビリー「へえ、どんな目を見せてくれるってんだ?
面白ェじゃねえか、やってみろよ、小僧!」


VSチン

チン「よいか?時には負けることも必要なのじゃ
敗北からしか学べぬものもあるからのう」

チン「・・・ということで、お若いの
この試合はワシの不戦勝にしてもらえんか?」

ビリー「はァ!?勝手に何ほざいてやがる!?
ンなこと認めるわけねェだろうがよ!」

チン「やれやれ・・・やっぱり駄目じゃったか
そうそう楽はできんもんじゃのう・・・」


八神チーム

VS 庵

庵「救いがたい男だ・・・
何度死にかければ気がすむ・・・?」

ビリー「少しは黙りやがれ!どうせてめェは
じきに悲鳴しか出せなくなるんだからよ!」

庵「騒々しいのは相変わらずらしいな・・・
・・・いいだろう、相手をしてやる」

VSマチュア

マチュア「ギースの片腕がいったい何の用かしら?
またオロチの力に興味でも?」

ビリー「幸か不幸かきょうはビジネス抜きだ!
借りを返さなきゃならねェ奴がいるんでな!」

ビリー「てめェはまあ、行きがけの駄賃ってとこだ
八神とかかわっちまったことを恨むんだな!」

マチュア「八神のついでですって?あの男は
あなたのことなんて歯牙にもかけてないのに」


VSバイス

バイス「弱い奴は今すぐ失せな、やるだけ時間の無駄さ
・・・ま、死にたいっていうなら話は別だけどね」

ビリー「そいつは俺のセリフだぜ、オロチの女!
徹底的に駆除してやるから覚悟しな!」

バイス「たまにこういうバカがいるから飽きないよ・・・
ホント、人間てのは愚かだよねえ」


怒チーム

VSラルフ

ラルフ「俺がいうのも何なんだが・・・
おまえ、若いよなあ」

ビリー「はァ!?何いってやがんだ、テメェ!
俺様を若造呼ばわりすんじゃねェ!」

ラルフ「いや、何つーか、そういう意味じゃなくてな
ほら、おまえのその、恰好が・・・なあ?」

ビリー「そこは感心するところじゃねえだろうが!
決めたぜ・・・テメェ、ブチのめしてやらあ!」


VSクラーク

ビリー「ヘイヘイヘイ!いつでもいいぜ!
どっからでもかかってきな、グラサン野郎!」

ビリー「・・・ただし、俺の棒で鼻っ面を打たれて
顔がズタズタになってもいいってんならなあ!」

クラーク「・・・そういうことをいう奴に限って
俺の顔に触れることもできずに落ちてくもんさ」


VSレオナ

レオナ「おとなしく立ち去って・・・
ここは素人が来るところじゃないわ・・・」

ビリー「俺が素人だと!?素人っていったか、今!?」
ナメてんじゃねーぞ、この小娘が!」

レオナ「すぐに平常心を失う・・・
それがプロでない証拠よ・・」


エディット

VSビリー

ビリーA「何なんだァ、テメェは!?
ギース様の片腕は俺ひとりだけでいいんだよ!」

ビリーB「そりゃそうだ、片腕が2本もあるわけが無ェよな
・・・つまり、テメェが邪魔だってことだよ!」

ビリーA「ざっけんじゃねェぞ、テメェ!
すぐに化けの皮を剥がしてやるぜ!」


VSサイキ

ビリー「今すぐそのニヤケ面をひっこめな
この白塗り野郎!さもねェとてめえ・・・!」

サイキ「さもないと?いったいどうなるって、なあ?
まさか殺すなんてほざく気じゃないよなあ?」

サイキ「少しは身の程ってものを知れよ、クズ!
誰も「時」を超越した俺は殺せないんだよ!」


VSアッシュ

アッシュ「えーと・・・前にどこかで会ったっけ?
ゴメン、全然覚えてないヨ」

アッシュ「きっと印象に残らないくらい弱かったんだネ!
それじゃしょうがないよネ! アハハハハ♪」

ビリー「ネ!じゃねーってんだよ!ソバカス小僧!
ナメた態度してるとジョーク抜きに殺すぞ!?」


ボス

VSサイキ(変身後)

ビリー「へえ・・・こいつはまた人間離れした野郎の
お出ましときたもんだぜ!」

ビリー「そんじゃひとつ化け物退治といくか!
今すぐブチのめしてやるから覚悟しやがれ!」

サイキ「おまえ、自分が何をいったか判ってるのか?
・・・これだから人間てのは救いがたいよなあ!」

サイキ「おまえら人間こそが粛清される側なんだよ!
この星の「歴史」から消え去れって、綺麗に!」


VS血の螺旋に狂うアッシュ

黒アッシュ「どけよ、チンピラ。俺の歩みを邪魔するな
・・・それとも自殺願望でもあるのか、おまえ?」

ビリー「へッ・・・よくもそこまで
自分に都合のいい勘違いができるもんだぜ!」

ビリー「死ぬのはテメェのほうに決まってるだろうが!
テメェにゃ死に方すら選べねェんだよ!」

黒アッシュ「無知は罪、というより最強だな、まったく・・・
でなきゃこんなセリフ出てくるはずもないぜ」



DLCキャラ

VS炎庵

ビリー「へへッ・・・久しぶりだなァ、八神!
ようやくテメェを八つ裂きにしてやれるぜ!」

庵「馬鹿な奴め・・・
まだくだらん夢を見ているのか?」

ビリー「今はテメェの減らず口も耳に心地いいぜ!
さあ、おっぱじめようじゃねェか!」


VSネスツ京

ビリー「1800年だか180年だか知らねェが
カビ臭ェ古武術なんざ俺の敵じゃねェんだよ!」

ビリー「もったいぶったテメェの炎もテメェ自身も
俺の三節棍でひと息に吹っ飛ばしてやるぜ!」

京「アンタみたいなビッグマウスの悪役のおかげで
俺の強さが際立つってわけだ。ありがとよ!」



オマケ

今までありそうでなかった
アッシュVSアッシュの掛け合い

アッシュ同キャラ

アッシュA「神楽さんの「鏡」の力はここにある・・・
ってコトは、これはその副作用かな?」

アッシュB「別にどうだっていいんじゃない?
暇潰しにはちょうどよさそうだし・・・ネ?」

アッシュA「そっか、それもそうだネ♪
それじゃせいぜい楽しませてヨ♪」

コメントの投稿

Secret

xboxゲーマータグ
ゲーマータグ
フレンド申請は寧ろお願いしたいレベル
プロフィール

石川佳典orチャーリー

Author:石川佳典orチャーリー
一応役者の端くれをしておりますが
ぶっちゃけただのゲーム好きです。

ネオジオやシューティングにハマってしまい
人生のバッドEDに向かって行進中です。
ニコニコの投稿動画

ツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
好きか嫌いかは良い、スカイステージをやるんだ。